月別アーカイブ: 2月 2017

ダイエットは自分に合ったものを!まずはどれも試してみるべし

自分は高校生まで運動部に所属していました。
なので、自分が好きな菓子パン、アイス、脂っこいもの、など多く食べていてもそんなに体重が増えることはありませんでした。
しっかり、運動で消費できていたという事だと思います。
また、受験勉強などでかなり夜遅くまで勉強し、脳の方もフル稼働していたため、摂取したエネルギーはそちらの方に使われていたのだと思います。

 

しかし、大学生になり、運動をすることがほぼなくなりました。さらに、夜遅くまで勉強するという事も少なくなりました。
(試験前、レポート作成の時くらいしか頑張らなくなった。)

食欲は急には落ちないものです。なので、高校時代までの食生活が続いていました。
さすがに、体重が増えてきて、体系にも増量したことがあからさまに分かるようになってきました。

 

私が決行したプチダイエット!

食事の量を減らす。
毎朝自宅近くの川辺をランニング。
某番組で紹介されていた「スロートレーニング」を実践(普通のダイエットでは筋肉も一緒に落ちてしまいますが、このトレーニングでは筋力を落とさずに体を良い感じに絞ることが出来るとされています。)

これらを実践することで体重を落とすことに成功しました。

さらに、食事から得る摂取エネルギーは同じでも、その食事内容が菓子パンや脂っこいものばかりだと、せっかくやせたのに太りやすい体質になってしまうということを耳にし、食事内容も見直してみました。

 

基本は三食きちんと。
野菜→汁物→主菜・副菜→ごはん。
野菜の食べる量を多くする。お肉は手のひらサイズを目安に。

食事と運動の面から見直すことにより、体重が減少した後もリバウンドすることなく、しっかり筋力を残したまま体重を適正体重より少し低い程度をキープすることに成功しています。

 

多くのダイエット情報が年々増えていく中、もちろん自分もそれを試したりしています。
納豆、一日一食、糖質制限、MCE?ダイエットなどなど。

現在主に実践しているダイエット法は、プチ糖質制限、スロトレ、ジョギング、食べる順番、ラジオ体操。
後は、エスカレーターを使わない。電車では常に立つ。お腹を意識する。
このようなプチ瞬間を身につけることもいいことだと思っています。

 

どのダイエット法を実践するにしても、ストイックになりすぎて体を壊してしまってはもともこもありません。
自分に合った、自分のペースで実践することをお勧めします。
(本当に、糖尿病とかで危険な人はスポーツジムとかでトレーナーの方の支援の下ダイエットすることをお勧めします。)

チューインガムダイエット

私の体重が増える原因は明白で、それはズバリ間食が多いからです。
仕事をしていた時は良かったのですが、結婚をして専業主婦になってから時間が有り余るようになりました。
もともと食い意地がすごいので、多少お腹が膨れていても食べてしまいます。
別に誰かに取られるわけでもないのに、今食べなきゃいけないと思ってしまい、ついつい手が伸びるのです。
その結果、結婚する前から比べると体重は10kgちかく増えてしまいました。

昔の服は全部パツパツで着れたものではありません。
すると怠け癖は服装にまで影響を与えました。
ウエストはゴムタイプにし、カットソーもゆったりなものばかり買うようになりました。
これだといくらでも食べられるので、ある意味すごく怖いことなのです。

そんなある日、夫が私を見てポツリと「痩せたら綺麗なのに。」と呟きました。
それが非常にショックで、すごく落ち込みました。
なんとなく自分では外見はそこまで変わっていないだろうという慢心があったのです。
多少のぽっちゃりくらち許されるだろうと思い上がっていました。

 

夫の一言で始めたダイエット

夫のその呟きで私は目覚め、ダイエットを行うことにしました。
昔の綺麗な自分に戻ってやると意気込んでいました。
ただ断食だけはしないと心に決めていました。必ずリバウンドをするからです。
私の周りに断食をして痩せた人はいません。皆その反動がきて結局暴飲暴食をしています。
そんな風にならないために、少しくらい長期戦になっても良いからゆっくり頑張ろうと思いました。

私はなんせ間食が多いので、とりあえずいつもの量の半分だけ食べることにしたのです。
それ以外で食べたくなったらガムを食べるようにしました。
ガムはミントの味で甘いものが欲しくならないように口の中をスースーさせていました。

ガムはすごく効果がありました。
味のバリエーションも豊富ですので飽きることもありません。
間食の量はあっという間に減っていきました。
その分ガムの消費量は格段に上がりましたが。
そのうちガムを噛むことが日課となり、お菓子をほとんど食べなくなりました。

ガムダイエットを始めて2カ月、早くも体型に変化が現れました。
まさかこんなに早く結果が出ると思わなかったので、飛び上がるほど嬉しかったです。
ガムならいくら噛んでもカロリーはしれています。
その後もどんどん間食が減っていきました。

ただ一つ、難点があります。噛みすぎて顎が痛くなることです。
痛くなりそうだと思ったら、ガムを飴のようになめています。
そうすることで顎の痛みが緩和されます。

結局この方法で、3カ月で4kg痩せることに成長しました。
今までどれだけの量の間食をしてきたのだと怖くなります。
ガムダイエットおすすめです。

実施したダイエットで効果の高く、続けられるものの紹介

 

食事の改善と運動で確実にダイエット

私が始めたダイエットは食事の改善です。
私が実施したのは間食を断つことと、1日3食の中の1食または2食を低カロリー高たんぱくな豆腐や鳥のささみをメインとした食事にするというものです。
例えば私はご飯を豆腐あるいはささみに置き換え、その他のメニューは家族と同じものを食べていました。

ダイエット中は摂取カロリーが減るので体は筋肉を分解してエネルギーに変えるため筋肉が減ってしまいます。
そうなってしまえば代謝が落ち痩せにくい体になってしまいます。
なのでそれを食い止めるために筋肉の元となるたんぱく質を多く含む豆腐やささみを食べることが必要なのです。

また、ご飯の代わりに食べることによりカロリーカットや、糖質オフにできます。
豆腐やささみは安価で手軽ですがその反面、すぐに飽きてしまうので毎回調理方法を変えるなど工夫が不可欠で一番難しいところでもあります。

1日1食か2食のメインだけの制限をすれば他は自由ということで、3食とも制限したりご飯を極度に少なくしたりするダイエットとは違いストレスも感じられず楽しく続けられます。
絶対に3食とも制限したり1食の内容を豆腐やささみだけにしたりしてはいけません。
炭水化物が足りなくなりエネルギー不足になったり便秘の原因になったりしてしまい結果として代謝が落ちてしまいます。
ダイエットが成功しても代謝が落ちてしまってはリバウンドしやすくなります。無理のない範囲で置き換えましょう。

私はこの食事方法を続けて1か月、体重が1.3キロ減りました。
これに加えて有酸素運動のランニングや、無酸素運動である筋トレを組み合わせると更に効果が高まります。
私は2か月目から運動を始めました。運動も無理せず自分のできる範囲でなるべく週に2回行いましょう。

私が行った種目は腕立て伏せ、腹筋背筋、スクワット、30分のランニングでした。
必ず、無酸素運動の後に有酸素運動をすることが大切です。無酸素運動後は様々なホルモンが分泌され脂肪を分解しやすい状態になるからです。
内臓脂肪を燃やすためには有酸素運動は20分以上続けることが必要です。これは20分程度の運動だと血中の脂肪分だけでエネルギーが足りてしまうためです。

私は2か月目で3.2キロ、2か月で計4.5キロの減量に成功しました。
その後5か月で10キロ減るまで続けることができました。
いかがでしたでしょうか。
今回は、継続出来て効果的なダイエットについてご紹介いたしました。
是非、試してみて下さい。

ダイエットは気持ち勝負

ダイエットがなかなか成功しないなんて悩んでる方が私の周りにもたくさんいます。
年を取ると痩せにくくなりさらにダイエットがうまく行かないんですよね。

 

私の夫はダイエットするといいつつも、もう何年経つことか。ダイエット宣言しつつも「今日はケーキ食べるから明日から。」
「年末は飲み会多いから来年から。」
「夏は食べないとバテちゃうから。」なんて一年中言いまして、結局まだ成功せずにいるんです。
私がかつてダイエットをしたときは失敗なんてせず2・3ヶ月で7キロのダイエットに成功しました。
あまり急激に痩せるのはおすすめできませんが、やると決めたらとことんやる。これが成功の秘訣ではないでしょうか。

 

ですが、あまりストイックにやりすぎると結果的にダイエットがしんどくなってしまってご飯、お菓子の暴食につながるんですよね。
なので、最低限のルールは決めて時には自分に甘く、時にはムチをうちながらのダイエットをおすすめします。

 

私が行ったダイエットを紹介します

①食事の量は腹八分目。
満腹まで食べてはいけません。健康的にも腹八分目がちょうどいいんです。かと言ってそれ以下で抑えるのも良くはありません。お腹が空いてあとで暴食に走りやすいです。

②必ず野菜から食べる。
むしろ、毎食サラダを食べる。野菜は血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。よって太りにくくなるのです。そして野菜をまずはじめに食べることで少しお腹を満たしてくれるので白米を食べすぎたり肉を食べすぎたりを防いでくれます。サラダのあとはお味噌汁などの汁物を食べて更にお腹を満たしてくださいね。

③食べたいものは我慢せず、量と頻度、食べる時間をしっかりと守る。
食べたいものを全く食べずに我慢をするからリバウンドにつながるんです。我慢し続けて欲求を満たさずにいたらいつかは爆発しますよね。食べたいものは食べてください。例えば、ケーキが食べたければ1週間に2回、ケーキ1つを午後3時のおやつの時間に。など、食べてもいいですが必ずルールは決めてください。

④おやつはナッツ、野菜、ドライフルーツを。
よく言われますがナッツと、ドライフルーツはおやつに最適です。ナッツはお腹が膨れやすく、ドライフルーツは食物繊維が豊富な上栄養価も高いのでおすすめです。ナッツもドライフルーツもよくかんで食べる必要があるので大量に食べるのを防いでくれます。ですが、大袋のままちょびちょびとつまんでいたら気がつくとこんなに食べちゃったーなんてことになりかねませんから、お皿などに食べる分だけ移してから食べてくださいね。

 

ダイエットとは、健康になるためにするものだと思っています。痩せすぎは様ざまなトラブルを起こしかねませんので肥満で健康になりたい方のみが行えばいいかと思います。

気持ちで負けず、やると決めたらとことんやってみてください。