私のダイエット

 小学生のころから、痩せたい痩せたい思っていました。お友達でほっそりした子がいると、その子の事が羨ましくて仕方ありませんでした。
 きっと、家で太っているとか、可愛くないとか、足にしまりがないとか、思春期に親に嫌なことを言われていたので、そのことがものすごくコンプレックスになっていたのだと思います。

 中学生になって、ますます自分の体が気になり、給食の量を減らしたり、家ではヨーグルトだけを食べたり、お酢を飲んだり、ただ食事の量を減らす方法しか、思いつきませんでした。高校生になると、新体操を始めたので、さらに痩せたいという思いが募り、お弁当に寒天を食べたり、下剤を飲んだりしていました。体重が減ることもありましたが、必ずリバウンド。痩せたいと思う悩みから、解放されたことはありませんでした。大学生になると、綺麗な女の子が沢山いて、なぜ、みんなあんなにスタイルがいいのか、不思議でなりませんでした。私は悩みもなかったし、お気楽な生活を送っていたので、やっぱり体にも日々の生活が出るのかなと思っていました。

 初めて痩せたねと言われたのは、アメリカ留学から帰って来た時。1年間、楽しいこともあったのですが、眠れなくなったり、現地の食事が合わなかったりで、数キロ痩せて帰って来ました。せっかく痩せたのに、そんなに嬉しいと思いませんでした。

私が試した低インシュリンダイエット

 社会人になってからの私は少し変わりました。もう少し楽しくダイエットをしたいと思うようになり、本を読んだり、友人に尋ねたりして、自分なりに勉強しました。
 私や友人が試したダイエットの一つに、低インシュリンダイエットがあります。4人で試して、みんな3キロから5キロ、体重を落とすことが出来ました。

 食べることが大好きだったので、お肉や野菜をふんだんに取り入れて、お米は少なめに。甘いものは極力控え、砂糖はカロリーオフの甘味料に切り替えました。サラダのバリエーションを増やし、色々なサラダを作って食べました。時々、やたらとご飯が食べたくなるくらいで、リバウンドもないので、ダイエットの成功率は高いと思います。

 

レコーディングダイエットも効果的!

 もう一つは、レコーディングダイエットです。日本語でなんと言うのかわからないのですが、自分が食べたもののカロリー計算をする、ダイエット法です。少し面倒に思うのですが、人は結構同じものを食べているので、よく食べる食材100グラム当たりのカロリーを前もって書き出しておきました。1400キロカロリー以内に抑えるようにすれば、2週間で1,5キロほど痩せます。地道の落とした体重なので、お腹回りや足、腕ががほっそりします。ここからは、2キロほど、結構簡単に体重を落とすことが出来ました。

 今は、痩せたいと思ったら、運動をしたり、食事法を変えたり、睡眠を十分に摂ったり、あまり体に負担がかからないダイエットを心がけています。
 痩せられないと悩むことが無くなったので、子どものころからのコンプレックスも消え、心が楽になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です