カロリー制限より糖質制限のほうが確実にやせます。

10年前は、食事制限でダイエットというと、カロリー制限が普通でした。
今だって、食品の成分表示と一緒に多くの食品にカロリーが表示されています。
世間も医者も、ほんの少し前まで「カロリーの摂りすぎがメタボ」みたいな話をテレビでよく聞きました。
かく言う私も、カロリー制限によるダイエットに何度も挑戦しました。

食品交換票を購入し、たいていの食材は一見しただけでカロリーがわかるくらいまで覚えこみました。
ご飯が大好きだった私は、ご飯を減らすよりカロリーの高い肉や油物を減らしてダイエットにいそしんだものです。
もちろん野菜やたんぱく質もバランスよくは食べましたが、それでもたとえば1800kcalでバランスよく食べろと言われたら、どうしても炭水化物と野菜が中心になってしまいます。
炭水化物はボリュームのわりにカロリーが低く、お腹を満たしてくれるからです。
カロリー制限するほどに私は炭水化物よりの生活になってしまっていたのでした。

しかし、カロリー制限を守っても、そこに運動を加えてもなぜか効果的にやせることはなく、
ダイエットは何度も失敗しました。
ほんの二年前に糖質制限ダイエットに出会うまでは、なにをしても失敗の連続だったのです。

 

糖質制限ダイエットで成功しました!

糖質制限は今でこそ、確実な方法と認知されてきていますが、当時はただの流行の一つととらえられていました。
私も疑いつつ始めたものです。
第一ご飯の大好きな私がご飯を減らすって、到底できないことにも思えました。

しかし、ほんの二週間で確実に体重が反応してきます。
最初は炭水化物を摂らないことによって体に蓄えられた余分な水分が出て行くので目に見えて痩せます。でも、その後も着実にやせていくのです。
それに脂質やたんぱく質を制限する必要がないので、体はとても楽なのです。

考えてみたら人間の体は脂質やたんぱく質、ミネラルでできていますが、糖質はエネルギーであって体を形成する成分ではありません。私はそれまでエネルギーである糖質を中心の食事をしてきたんだと気付かされました。
カロリーを気にせず肉や魚をたくさん食べても太らないのが不思議でなりませんでした。
確実にカロリーで言うと糖質中心の生活していた時の二倍は食べているはずなのに太らない。

私は、昔教えてもらったカロリー神話の嘘を実体験で知ることになりました。
食物繊維やミネラルは大事なので野菜や海藻、キノコ類もたくさん食べます。
なのでお腹が満たされずにつらいことはありませんでした。

ただし、お財布にはつらいこともありました。
安価なものは炭水化物でできていることが多く、スーパーで糖質制限的食材を購入しようとすると高くつきます。
米、お菓子、インスタントラーメン、パンなど、安価で簡単に食べられるものはほとんどが炭水化物でできているのです。
最初はスーパーをぐるぐる回って食品の裏側の表示ばかりみていたものです。
糖質制限始めて二年。今では体重も保ちつつ、お財布にもやさしい食材を探すことができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です